【サンモニ】姜尚中氏「国葬で憲法改正は遠のいた」「自民党の憲法草案は旧統一教会の考えと似ていて、おかしいと思う国民が増えている」

姜尚中氏 安倍氏国葬は「岸田政権のオウンゴール。かえって憲法改正は遠のいた」

記事によると…

・政治学者の姜尚中氏が18日、「サンデーモーニング」(TBS)に出演し、安倍晋三元首相の国葬について言及した。

姜氏
「個人的に哀悼の意を示すことと国葬は別次元のことだということをまず理解しないといけない」として「『なぜ国葬なのか』ということは、1つの狙いは憲法改正に弾みをつけたいと。安倍さんの宿願は憲法改正でしたから。ただ岸田政権のオウンゴールだと思います。これによってかえって憲法改正は遠のいた」

「自民党の憲法草案、これは緊急事態条項、あるいは家族条項を見ても今、問題になっている旧統一教会の考え方とかなり似通っている。そうすると国民はやっぱり少しおかしいんじゃないの?と思うパーセンテージが増えているわけで」

「なぜこのオウンゴールをやっているのにそれでも強行するのかっていうのは、岸田さんは宏池会だから。さすがに護憲派なのかなという。つまり、自分が意図しない結果を自分自身でやってしまう。これは歴史的に言うとピエロということですよね。歴史は悪巧みをして意図したことではないことを導き出す場合がある。岸田さんの師匠の古賀さんは喜んでるんじゃないないでしょうか。これで国民は憲法改正はどうもやっぱりおかしいんじゃないかと思う人が増えると見てます」

9/18(日) 10:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/0354924667b30a7d193e6ac2de2cd129e538455c

関連ツイート

姜尚中


姜 尚中は、在日韓国人の政治学者、思想家、エッセイスト。東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長。長崎県の学校法人鎮西学院学院長・理事。鎮西学院大学の初代学長。 専門は政治学・政治思想史。特にアジア地域主義論・日本の帝国主義を対象としたポストコロニアル理論研究。所属事務所は三桂。熊本県熊本市出身。 在日韓国人二世。
生年月日: 1950年8月12日 (年齢 72歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

もうめちゃくちゃダァ。

いえ、普通、共産党の方がおかしいと思いますよ。

内政干渉するなよ

このニュースの肝は、敵性国家にとって日本の憲法改正が本当に嫌だというコト 敵国人の態度がよく出ていて草

それはどういう霊感?

統一教会みたいな弱小宗教にそんな力あるかよ。 だったら創価学会や幸福の科学なんてとっくに日本を支配してるわ。

と、語るお方は日本人ですか?改憲と国葬儀とどの様な関係があるのでしょうか?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認