ANA、ビーガン向け機内食を開発 多様化重視

YouTubeチャンネル『ANNnewsCH』より

概要欄

ANAがビーガン向け機内食 多様化重視の開発裏舞台(2022年9月17日)

水際対策の緩和による外国人客の増加を見込んで、航空大手のANAは動物由来の食品を避ける「ビーガン」向けの新たな特別機内食のメニューを開発しました。その舞台裏に密着です。

商品企画部・龍神早紀さん:「11月からベジタリアン、ビーガン、グルテンフリーの食事を刷新します」

ビーガンは肉と魚以外に乳製品や卵、蜂蜜も食べないという食生活を実践しています。

(略)

ヴィーガニズム


ヴィーガニズムは、肉・魚・卵・乳製品・蜂蜜・皮革製品・ウール・シルク・動物実験・動物園・水族館等々の動物由来及び動物虐待に関わる全ての動物性製品・サービスを消費しないことなどで「人間による動物からの搾取に抗議し、人間が動物を搾取することなく生きるべきであるという主義、思想。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

いつから人間は与えられた食物をありがたくいただく事ができなくなったんだろう

ベジタリアンならまだ理解できるけど、ビーガンを相手にするのは本当に面倒くさい。

大豆ミートという肉を我慢したいが肉ぽいものを食べたという意味不明な食べ物。グルテンフリーに関してはアレルギー問題あるからいいよね。

ビーガンの方を否定はしませんが、搭乗前に申告していないと調理の人も手間が増えるし食品ロスも出るでしょう

多様化を重視なら、鯨肉も提供すべき

ビーガン廃止するべき

昼食の唐揚げ美味しかったなぁ!🤤



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを