イギリス議会、女王の棺安置のホールへの中国代表団の弔問を拒否

英議会 女王の棺安置のホールへの中国代表団の弔問を拒否

記事によると…

・BBCなどによりますと、イギリスの下院議長は、エリザベス女王の国葬に参列するために訪れる中国政府の代表団について、女王の棺が公開安置されているウエストミンスターホールへの立ち入りを認めない方針を決めました。

中国の新疆ウイグル自治区の人権問題を巡り、中国政府を批判するイギリスの議員らが制裁対象とされていることを受け、一部の議員から中国代表団の受け入れに懸念の声が上がっていました。

9/16(金) 21:57
https://news.yahoo.co.jp/articles/565774b0c6ec26d6c09add9bc71212063ffd9d67

エリザベス2世


エリザベス2世は、イギリスのウィンザー朝第4代女王。即位から崩御するまで、イギリスの他14か国の英連邦王国及び王室属領・海外領土の君主、またイングランド国教会の首長であった。 全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー。
生年月日: 1926年4月21日
死亡日: 2022年9月8日, イギリス バルモラル城
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こういう、はっきりした態度を表明できるって羨ましいと思います。

女王陛下も相当嫌っていたしねw 公式行事であれだけぞんざいに扱われた国家元首って見た事なかったよ。

さすが大英帝国🇬🇧

イギリス!羨ましい!

行動が全て。本当に素晴らしいと思います。

当然!

羨ましいなあ。心から。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを