鈴木宗男氏「ウクライナは自前で戦えないなら平和的解決を模索すべきである」

9月15日(木)

記事によると…

(前略)

・自分達に都合の良い身勝手な話を解釈する者達を許してはならないと私の経験からも警鐘を鳴らして行きたい。

円安が進み、諸物価が上がり、日本経済はじめ世界経済がどうなるのか心配である。先ずはウクライナ紛争を停戦させることが一番である。

ウクライナが8000平方の土地を取り戻したと言っても戦況に大きな変化はない。自前で戦えないなら平和的解決を模索すべきである。

(後略)

2022-09-15 17:33:59
https://ameblo.jp/muneo-suzuki/entry-12764468507.html

鈴木宗男


鈴木 宗男は、日本の政治家。日本維新の会所属の参議院議員、日本維新の会国会議員団副代表、同北海道総支部代表、地域政党新党大地代表。元衆議院議員。
生年月日: 1948年1月31日 (年齢 74歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ロシアからお金もらってたりします?

宗男くんは3億ドルのなかからいくらもらったんだい?🤔

一にも二にも停戦すべきと言い続けるべきです!プーチンにね😃

この年寄りは一貫して露助の子分であることを隠しもしないんだな。無駄な抵抗は止めてさっさと降伏しろとか何何なんだ。

ツッコミどころが多すぎる…

現実を受けとめられない鈴木議員。あのウクライナは確かに西側から兵器支援やロシアへの経済制裁の協力は受けてるけど、自らの軍でロシア追い払ってるんですけど。。。。

他国の人間が侵略された国に譲歩のような停戦を求めてはなりません。他国の力を借りて抗戦出来るのはウクライナの外交力です。ウクライナ領内にロシア軍がいる限り、ウクライナの意思に背く停戦はあってはなりません。あなたの主張する平和の模索って何ですか?どんな平和なのか明言して下さい!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認