アイリスオーヤマ、約50種類の製品生産を中国から国内へ

アイリスオーヤマ 約50種類の製品生産を中国から国内へ

記事によると…

・円安の長期化などの影響で、海外の工場で作られる国内向け製品の生産や輸送のコストが上昇していることから、仙台市に本社がある生活用品メーカー「アイリスオーヤマ」は、少しでもコストを抑えようと、中国で行っているおよそ50種類の製品の生産を国内の工場に移すことを決めました。

・中国から国内に生産を切り替えることで、およそ2割のコスト削減が見込めるということで、会社では今後、園芸や除雪用品の生産の移管も検討しています。

アイリスホールディングスグローバル経営企画部の小松健一郎マネージャーは「輸入商材の原価が上がり、収益性の低下が避けられない。お客様にとって、最もよい条件で商品が作れる生産地を柔軟に検討していきたい」と話していました。

09月14日 10時47分
https://www3.nhk.or.jp/tohoku-news/20220914/6000020953.html

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ株式会社は、宮城県仙台市青葉区に本社をおく、生活用品の企画、製造、販売会社である。2000年代からは家電事業に力を入れ、2012年からは他の大手家電メーカーで早期退職した技術者を大量に採用し同事業を加速させた。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

脱中国企業が増えるって事は良い傾向だ。リスクも減るだろうし。

円安効果って凄いな

前からやん

それがいいよ。

ついに国内生産のほうが安上がりとなる時代がやってきた。というか昔に戻ったか。

物価と人件費の安い国、日本。この先の経済、どうなるのかしら。

やはり生産が国内回帰し始めた。投資が日本国内に少しずつ増えていく



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを