「ハロップ」「スイッチブレード」など… 攻撃型無人機、自衛隊に試験導入!島しょ防衛強化へ25年度以降に本格配備

攻撃型無人機、自衛隊に試験導入へ…島しょ防衛強化へ25年度以降に本格配備

記事によると…

・防衛省が島しょ防衛の強化に向け、イスラエル製や米国製の攻撃型無人機を2023年度に自衛隊部隊へ試験導入する方向で調整していることがわかった。25年度以降、海外からの調達と国産を合わせ、数百機規模の攻撃型無人機を配備する方針だ。

・攻撃型無人機は、ウクライナ軍によるロシア軍への反攻で、人的被害を抑えつつ大きな戦果を上げており、日本の抑止力強化につながると判断した。

政府は南西諸島を中心に配備する計画を立てている。有事の際、島に近づく敵の艦艇や上陸を試みる敵の部隊への攻撃に使うことを想定している。駐屯地や基地の警戒監視にも活用する見通しだ。

試験導入するのは、イスラエル製の「ハロップ」や米国製の「スイッチブレード」など。ハロップは全長約2・5メートルで航続時間が9時間と長い。スイッチブレードは全長約36センチ・メートルと小型で持ち運びやすい一方、航続時間は15分にとどまる。

いずれも敵に体当たりして損害を与える自爆方式の攻撃を行う。スイッチブレードは最近、米軍がウクライナ軍に供与した。トルコ製の「TB2」など、搭載したミサイルで攻撃を行うタイプの無人機も候補に挙がっている。

自衛隊部隊でそれぞれ有用性を確かめ、本格的な配備を目指す。国産の開発も支援したい考えだ。

9/14(水) 5:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/46548edefba86a081872c65ecc854dc728b4f681
読売新聞』のご購読お申し込みはこちら

ハロップ


ハロップは、イスラエル・エアロスペース・インダストリーズのMBT部門が開発した徘徊型兵器である。これは、自律的に電波放射に目掛けて進める対レーダー無人航空機である。敵防空網制圧に最適化されたこの徘徊型兵器は、戦場を徘徊し、目標に自爆攻撃するように設計されている。
出典:Wikipedia

スイッチブレード


スイッチブレードは、エアロヴァイロンメントが開発した自爆突入型無人航空機。アメリカ陸軍の殺傷性小型飛翔弾薬システムとして開発された。 人員や非装甲車両などソフトターゲットを標的とするスイッチブレード 300、戦車など装甲車両を標的とするスイッチブレード 600のほか、非武装型のブラックウイングがある。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

全力で支持します👍

ウルトラセブンを連想したのは、私だけじゃ無い筈w

自衛隊不足なので賛成👍

ウルトラホーク1号ににてる。かっけー!👍

用意して間違いない👍

実用化希望!

期待してます!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを