“有事にならないこと前提” 玉城デニー氏「有事を想定して住民の分断を煽り、ミサイル基地の整備や、計画ありきのその状況が進んでいくという事は認められない」

にこ姉さんのツイート

玉城デニー氏
平和的な外交努力をが最も重要。しかし有事を想定して住民の分断を煽り、合意すら得られていないミサイル基地の整備や、計画ありきのその状況が進んでいくという事は、これは沖縄県としても到底認められない

有事の想定さえしない。県民の命など守る気なし。国防意識、危機管理ゼロ。

玉城デニー


玉城 デニーは、日本の政治家、元タレント。沖縄県知事。本名は玉城 康裕。 衆議院議員、自由党幹事長兼国会対策委員長、沖縄市議会議員などを歴任した。なお、知事業務上、法的効果を伴う行政文書には本名を使用している。
生年月日: 1959年10月13日 (年齢 62歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

その上、何かあったら国のせい? 首長としては、この時点で無能を晒しています。

眉中を隠さないデニー😑

二期目なんだから こんどこそちゃんと仕事してくさい!

頭の中花が咲いてる💐 危機感って知らないんでしょうね。

選挙前に沖縄の人口が増えた話もありますよね。

例えば、車の保険って事故を起こす為に入るんじゃなくて、万が一、事故になった時の為に用意する物。特にコッチの保険は準備しておくと「事故」の方から避けてくれるからもっと安心。

沖縄にミサイル着弾したら政府のせいなんでしょうね 沖縄の方がかわいそう



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを