日大「韓国人タレント学者」が“経歴詐称”で懲戒解雇 → 本人「不合理な解雇だ!」

日大「韓国人タレント学者」が“経歴詐称”で懲戒解雇 「米国弁護士資格」がウソ? 本人は取材に「不合理な解雇」と主張

記事によると…

・9月2日、日大はホームページで「教職に対する懲戒処分について」という文書を発表した。

〈本学は、令和4年9月2日付けで,危機管理学部准教授の懲戒解雇を決定しました。当該教員が提出した履歴書に記載された学歴、職歴及び資格の一部について、虚偽であること等が判明したことから、就業規則の懲戒事由に該当するため、懲戒解雇処分としました〉

この准教授は金惠京氏(47)。韓国・ソウル生まれの国際法学者で、日韓問題のコメンテーターとして「ひるおび」「ワイド! スクランブル」「ビートたけしのTVタックル」など多数のテレビ番組に出演していた人物である。

「明治大学法学部の助教だった金氏を、日大は当時創設準備中だった危機管理学部の看板教員として招くために、15年に総合科学研究所へ呼び寄せた。そして16年の危機管理学部創設と同時に移籍。以来、金氏は同学部の准教授として教鞭を取ってきました」(日大関係者)

・「ニューヨーク州の弁護士資格を有していなかったことが問題になったと聞いています。早稲田の学位も問題視されていたようだ」(前出・日大関係者)

(略)

だが、本人に取材してみるとまったく言い分が違うのである。

「私は在職中、日大のために貢献してきたつもりです。危機管理学部の教員として文科省から科学研究費をもらって誠実に研究してきました。来年度から大学院設置が認められたのも、こうした貢献があったからであるはずなのに、なぜこんな扱いを受けなければならないのでしょうか」

こう嘆息する金氏。やはり問題視されたのは「ニューヨーク州弁護士資格ではないか」という。だが「経歴詐称などしていない」と強調する。

「06年に私は留学生向けニューヨーク州弁護士試験を受け、ちゃんと合格して弁護士としてアメリカの大手ローファームに勤務していました。弁護士協会から送られてきたライセンスも所持しています」

そう言って、他人に見せないことを条件に有効期限が17年12月と印字されたライセンスを見せてくれた。ただ、失効してしまったというのだ。

「この資格は2年に一回更新しなくてはならず、17年頃から私は多忙を極めていたため更新できませんでした。大学にも伝えましたが、試験を行った団体が数年前から有資格者との間でライセンスの更新を巡ってトラブルを抱えていたとの情報も今回調べる中で聞きました。ただ、更新をしていなかったので詳細は分からないです」

(略)

9/7(水) 11:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/6000081e3cf5b95423672fde9011f246a23d467d

金惠京


金 恵京は、大韓民国出身の国際法学者。
出生地: 韓国 ソウル
生年月日: 1975年8月30日 (年齢 47歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

東海大のアレは最近見なくなりましたね。

キム・ヘギョンさんクビになったんや。

まだまだいそう

さよなら、金😂

美人学者???

まだまだ膿が出てくるのでは?

日本の大学、どこで何が起きても不思議さを感じなくなった。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを