【話題】「よろしければ一緒に観戦を」1953年エプソムダービーを観戦する、27歳のエリザベス女王と19歳の上皇陛下

Nathanielさんのツイート

1953年エプソムダービーを観戦する、27歳のエリザベス女王と19歳の上皇陛下。戦後8年。

女王戴冠式出席のため渡英した皇太子に対し、女王が「よろしければ一緒に観戦を」と話を持ちかけ、関係構築に務めたとされる。

レースは女王所有のオリオールが2着。

日英の友好な未来へ。

一つの懸け橋となった競馬

関連ツイート

上皇明仁


明仁。御称号は繼宮/継宮(つぐのみや)、お印は榮(えい)。敬称は陛下。勲等は大勲位。 昭和天皇と香淳皇后の第1皇男子。皇子女に徳仁(第126代天皇)、秋篠宮文仁親王(皇嗣)、黒田清子(清子内親王)がいる。 1989年1月7日の父・昭和天皇の崩御に伴い日本国憲法および現皇室典範下で初めて皇位を継承。
生年月日: 1933年12月23日 (年齢 88歳)
出典:Wikipedia

エリザベス2世


エリザベス2世は、イギリスのウィンザー朝第4代女王、その他14か国の英連邦王国および王室属領・海外領土の君主。イングランド国教会の首長。全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・オブ・ウィンザー。
生年月日: 1926年4月21日
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

現在の姿しか知らない世代にとってこうして若い頃の写真を見るのはとても新鮮。数年前まで敵国の皇族同士だったお二人が並ぶ姿に平和を感じられる。

まさに皇室の仕事。いい写真です。

天皇賞にもご招待できていたら素敵だった

当時の上皇陛下としては 渡英は 針の筵 に座る心境だったのかも知れません。女王陛下の心使いには敬服以外ありません。

ちなみに、この頃は宮内庁所有の星の牝馬達やクリフジが下総御料牧場にいたはず。

サンフランシスコ講和条約の一年後ですね つまり終戦一年目です

新しい時代の幕開け。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを