エリザベス英女王、滞在先の英北部スコットランド・バルモラル城で死去 96歳

英国のエリザベス女王が死去 96歳、世界最高齢の君主

記事によると…

・英国のエリザベス女王が8日午後、滞在先の英北部スコットランド・バルモラル城で死去した。96歳だった。女王の在位期間は約70年7カ月にわたり、歴代の同国君主で最長。世界の存命する君主の中で最高齢だった。王室を変革しながら君主制存続に貢献し、英国民だけでなく世界の敬愛を集めた。

女王の死因は明らかにされていないが、英王室は8日の声明で「女王は安らかに息を引き取った」と発表した。女王の死去を受け、王位継承順位1位の長男チャールズ皇太子(73)が新国王「チャールズ3世」として即位した。

2022/9/9 02:44
https://www.sankei.com/article/20220909-3JVQVBW52FKXDDFIR7NY6XXA5U/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

エリザベス2世


エリザベス2世は、イギリスのウィンザー朝第4代女王、その他14か国の英連邦王国および王室属領・海外領土の君主。イングランド国教会の首長。全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリー・オブ・ウィンザー。
生年月日: 1926年4月21日
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

謹んでお悔やみ申し上げます。

英国にも弔問外交が必要になった 相互で弔問外交になる

ご冥福をお祈りいたします。

ご冥福お祈りいたします

在位70年は凄い記録です長い間お疲れ様でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。

ご冥福を そしてお悔やみを申し上げます

最後までお仕事を果たされ、長きに渡り英国を引っ張って来られて、本当にお疲れ様でした。心より御冥福をお祈り致します。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを