24年ぶりの円安に、鈴木財務相「継続なら必要な対応」「しっかり注目していきたい」

24年ぶり円安、「継続なら必要な対応」鈴木財務相

記事によると…

・外国為替市場では7日午前から円安が進み、一時1ドル=144円台へ下落し、円相場が対ドルで24年ぶりの安値を更新した

・鈴木俊一財務相は7日午後、「足元の動きは円安方向に一方的に振れている。継続すれば必要な対応をとる」「円安のマイナス面をしっかり注目していきたい」と述べた

・「必要な対応」が具体的に何を指すのかについては明言を避けた

2022年9月7日 15:41
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA073UU0X00C22A9000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

鈴木俊一


鈴木 俊一は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員、財務大臣、内閣府特命担当大臣、デフレ脱却担当大臣。内閣総理大臣臨時代理就任順位第4位。 自由民主党総務会長、国務大臣、環境大臣、外務副大臣、厚生政務次官、衆議院東日本大震災復興特別委員長、衆議院厚生労働委員長、衆議院外務委員長、国民健康保険中央会会長等を務めた。
生年月日: 1953年4月13日 (年齢 69歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

144円でも良いけど、急なんだよ。

遅い!ダサい!

すでに遅すぎる

デフレ日本が利上げ出来るわけがない。

はいはい、いつものやつ

為替介入かな?

「注視する砲」は無力だよ。 君や政府に何ができるというのか?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを