青山学院大学教授、「死刑廃止」は被害者の人権侵害

「死刑廃止」は被害者の人権侵害 青山学院大学教授・福井義高

記事によると…

・今日の日本では、国家という暴力を独占する仕組みが確立され、警察や裁判所といった国家機関を通じて治安が維持されている。したがって、たとえ自分が犯罪の被害にあったとしても、自ら直接その不正をただすことはできず、実行すれば逆に処罰されてしまう。いわゆる自力救済の禁止である。

≪自力救済禁止は条件つき≫

しかし、自力救済禁止は絶対ではない。そもそも、我が憲法の基礎にある古典的自由主義の観点に立てば、国家(ステート)あっての国民(ネーション)ではなく、国民あっての国家である。国家は我々が社会生活を送るうえで役に立つ手段ではあっても、国家のために我々が存在しているわけではない。

(略)

2022/9/7 08:00(無料会員記事)
https://www.sankei.com/article/20220907-NPAMI6F33ZMRPA4UOZKCGJWKVA/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

福井義高


■ 所属
青山学院大学 国際マネジメント研究科 国際マネジメントサイエンス専攻
■ 職種
教授
■ 担当科目
企業経営の経済学, マクロ経済データ分析, 統計的方法論Ⅰ, 財務会計
■ 専門分野及び関連分野
会計制度・情報の経済分析, 法と経済学, 進化と社会行動, コーポレート・ガバナンス, 国際政治

出典:青山学院大学

ネット上のコメント

廃止の場合は、仇討ちの解禁とセットだな、合理的に考えて。

マスコミが加害者の心情を大きく取り上げる風潮があり、被害者や被害者家族が蔑ろにされてますが 他人の命や人生を壊した人は、それ相応の罰で償うべきてす

いいこと言うねー

仇討ちを法で規制するなら死刑は残すべきかと。

正論だと思います

確か同じ大学のバイオレットヘアーの反日毆巴桑とはえらい違い。 被害者の心情への寄り添いに感服。

廃止してもいいけど米国みたいに150年懲役とか、一生出られないようにするべき。刑期短縮も仮釈放も無し。まぁ、税金の無駄だけど。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを