【文春】外国人客激減の北海道ニセコで高級ホテルが続々オープン… 土地を買い占めた人物は?

外国人客激減の北海道ニセコで高級ホテルが続々オープン…土地を買い占めた人物は?

記事によると…

・北海道ニセコといえば、コロナ前は外国人スキー客でごった返し、スキー場のある倶知安町は公示地価や路線価の値上がり率で全国上位の常連を占めるなど、まるで日本ではない外国人の街の様相を呈してきた街だ。

(略)

花園エリア一帯の土地を買い占めた“人物”
最後に立ち寄ったのが花園エリアだ。ここは他の3つのスキー場とはやや趣が異なり、まだそれほど開発が進んでいないエリア。ここにパークハイアットがオープンしたことが不思議になるほど地味なエリアに見えた。この地での開発案件の相談があったので立ち寄ったのだが、現地で詳細を聞いて驚いた。

この花園エリアの主要な開発適地はすでにすべてが香港の開発事業者に押さえられているというのだ。その会社の経営者はリチャード・リー氏。彼は香港の開発会社パシフィック・センチュリー・プレミアム・ディベロップメンツの総帥。あの東京駅八重洲口にある超高層オフィスビル、パシフィックセンチュリープレイスの元所有者である。

(略)

9/6(火) 6:12
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a950ee0622f4a38f9a39877f614b36c7ffaab2b

李沢楷


リチャード・リー・ツァー・カイは、香港の実業家であり慈善家、そして、民間投資グループであるパシフィック・センチュリー・グループの創設者であり会長でもある 。
生年月日: 1966年11月8日 (年齢 55歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

日本の土地がどんどん外国人に買われている。大丈夫なのか?日本

夏のスポーツより用具が多くて金のかかるウィンタースポーツは、金に余裕のある人しか遊べない スポーツになってしまった。

日本人が行かなくなって、未来は、荒廃しかない 行政の規制がいかに大切か、わかる時期がくるんじゃないかな

外国への土地売却は全て許可制にせよ。又、相手国との相互主義に徹せよ。国を預かる自民党はボヤボヤするな❗️💢多数決主義を貫け。野党の妨害目的、無駄な審議に付き合うな❗️

日本が、どんどん蝕まれて行く。

北海道はやがて日本じゃなくなるな

コロナ禍は買収のチャンスだよな



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを