人の命を預かっているのに… 手取りは15万円、40万円以上の工具も自腹で購入 人材不足が深刻化する自動車整備士の窮状

冷暖房なし、工具費は自腹。人の命を預かっているのに――人材不足が深刻化する自動車整備士の窮状

記事によると…

・「人の命を預かっているのに、手取りは15万円」。25歳の男性自動車整備士は言う。男性の職場に冷暖房設備はなく、夏には熱中症のような症状が出る。自動車整備士は、車の利用者が安全に乗れるように整備することから、「カードクター(車のお医者さん)」とも言われている。一方、自動車専門学校の入学者はこの15年で半減。人材不足が深刻だ。

・自動車整備士の吉田優太さん(仮名、25)に会った。吉田さんは整備士として働き始めて、4年目になる。

「残業がない月は手取りが15万円です。残業が40時間を超えていた時でも18万円。ボーナスは10万円にも届きませんでした。一級の資格を持っているのに、資格手当はたったの1万円です」

必要な工具も会社で支給されず、これまでに40万円以上、自分で購入してきた。冷暖房設備がないなど、労働環境も過酷で、昼食の時間が取れないこともある。

「夏の熊谷は暑くて、室内気温が43度になる時も。頭痛がしたり、意識がもうろうとしたりします。冬は手がかじかんで、手先があまり器用に動きません。そんな環境で、整備士が6人在籍し、1日に1人あたり4~6台の車を整備しています。忙しい時はコーラ1本飲むのがやっとです」

別店舗に異動しても、冷暖房設備はなく、給与面も変わらなかった。将来を考えると、「このままでいいのか」と悩むものの、転職には踏み切れていない。

「僕がいないと回らなくなってしまうんです。去年入った新人は『試用期間が終わってもうすぐ本採用だね』と言っていたら、急に来なくなって。退職代行業者から手紙が届きました。車の整備士ってお客さんの命を預かるようなものなのに、なんでこんな状態なんだろう」

(略)

9/5(月) 17:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/c3c8f5dea633c881552e65b4530e66903af7356d?page=1

自動車整備士


自動車整備士(じどうしゃせいびし、Auto mechanic, Car mechanic, Motor mechanic)とは、自動車のメンテナンス(診断・点検・分解・組立・修理・調整等)に従事する人や資格を持つ人である。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

板金塗装も同じ、好きでやってるのは間違いないけど、最低限の設備投資は必要と思う。この暑さの中、工場の中は地獄 塗装のブースの中はもっと地獄

世の中結構冷たいね😅独立しなきゃ儲からない仕事か…設備投資もお金かかるし、独立も大変だと思う。

これで某有名外車ディーラーと言うのだから呆れます。

会社の問題

これは酷いな。みんなでストライキして賃上げ交渉したらどうかね🐱⁉️

熊谷で冷暖房ないのはアカンやろ(笑)

その仕事が好きなら文句は言わないはず。好きじゃないなら辞める。ただ、好きなだけじゃ食ってはいけないこともあるね。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを