【PCR検査 】志位和夫氏「『今日感染していなくても、明日感染するかも』…それがご心配ならば、定期的に検査をすればよい」

志位和夫議員のツイート

今日感染していなくても、明日感染するかもしれない」という「検査抑制論」があります。

それがご心配ならば、定期的に検査をすればよい。

私たちは、医療・介護・障害福祉・保育・学校など、集団感染によるリスクの高い施設で働く人に対しては、「定期的に検査」を行うことを提案しています。

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家。衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長、2000年から日本共産党委員長。
生年月日:1954年7月29日 (年齢 66歳)
志位和夫 - Wikipedia

[w]

twitterの反応

ネット上のコメント

とても良い考えです!

素晴らしい提案ですね😀志位さんを応援します!

いま現在は感染していないとしても、いつ何時感染するかは分からない。これは、感染症全般に言える事実ですよね。この事実をもって「検査抑制論」と言うのはおかしいです。必要な場合の検査はやれば良いのです。でも、必要性のない検査はすべきではありません。時間と費用と人員と設備の無駄ですから

もうPCRはいいよ。PCRを主張してる人の特徴が興味深い。

検査抑制や異論を唱えるのは一つのデマゴーグではないか。健全な社会に対する悪意すらあるような気がする。正確な判断と心得を持ちたいと思う。

台湾では、「無症状者には検査しない」方針を貫いています。

症状がでれば検査すればいいのだと思います。

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを