米国防長官「世界は中国軍に備えなければならない」

米国防長官「世界は中国軍に備えなければならない」

▼記事によると…

・アメリカのエスパー国防長官は、中国人民解放軍が周辺国に対して、攻撃的な行動をとり続けていると批判したうえで、中国軍は国際的な価値観やルールを共有していないとして、各国に関係を見直すよう、呼びかけました。

エスパー国防長官は今週、ハワイやグアムを訪問して、アジア太平洋地域を担当するアメリカ軍を視察するのを前に、アメリカの新聞に「国防総省は中国に備えている」と題して寄稿しました。

この中でエスパー長官は、中国人民解放軍について「20世紀に西側諸国が当時のソビエト軍を研究し対処したように、世界は中国軍を研究し、備えなければならない」と警告しました。

(略)

2020年8月26日 10時14分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200826/k10012584191000.html

マーク・エスパー


マーク・トーマス・エスパーは、アメリカ合衆国の政治家。元軍人・ロビイスト。ドナルド・トランプ政権で27代目アメリカ合衆国国防長官を務める。 アメリカのペンシルベニア州ユニオンタウン出身であり、2019年6月24日にアメリカ合衆国国防長官代行を1カ月務めた後に正式に27代目アメリカ合衆国国防長官に就任した。
生年月日:1964年4月26日 (年齢 56歳)
マーク・エスパー - Wikipedia

中国人民解放軍


中国人民解放軍は、中国共産党が指導する中華人民共和国の軍隊である。 単に、日本などでは「中国軍」、中華人民共和国国内では「解放軍」と略されて呼ばれている。 陸軍・海軍・空軍・ロケット軍・戦略支援部隊の5軍を軍種とする。
中国人民解放軍 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

え、戦争懸念?

いよいよアメリカが真実に目覚め、世界に呼び掛けている。

一番備えなければならないのは目に見えない驚異だけどね。それと有事になると世界各国に散らばってる中国人は民兵となる。

中国やべぇから、アメリカ製兵器を買ってね、ってことだろうな~

どちらかと言えば「世界は米軍に備えなければならない」だと思う。

エスパーがそう言うんならそうなんやろうな。

でも日本には憲法9条があるから!

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認