【東京新聞】元首相の家族葬に儀仗隊派遣、戦後は安倍氏だけ 実弟・岸防衛相が指示

元首相の家族葬に儀仗隊派遣、戦後は安倍氏だけ 実弟・岸防衛相が指示

記事によると…

・7月に行われた安倍晋三元首相の葬儀に陸上自衛隊の儀仗ぎじょう隊が参列したのは、戦後の首相経験者の家族葬では初めてだった。防衛省が本紙の取材に明らかにした。防衛省・自衛隊の弔意表明の一環として、安倍氏の遺族の意向を確認し、防衛相の指示で行ったと説明している。当時の防衛相は安倍氏の実弟の岸信夫氏だった。

政府がかかわった首相経験者の公的な葬儀は、1967年の吉田茂氏の国葬以降、2020年の中曽根康弘氏の内閣・自民党合同葬まで11回ある。すべて儀仗隊が参列した。安倍氏の家族葬のように、政府が関与しない首相経験者の私的な葬儀は個別に行われてきたが、儀仗隊参列は「確認できる範囲において、安倍氏以外はない」(同省陸上幕僚監部)という。

2022年8月29日 06時00分
https://www.tokyo-np.co.jp/article/198630
『東京新聞』のご購読お申し込みはこちら

儀仗隊


儀仗兵により構成された兵隊。 天皇や皇族、高官、外国の賓客などに対して、儀礼や警護のために付けられる。 自衛隊や警視庁などに置かれている。
出典:Weblio辞書

ネット上のコメント

ぜひ、国葬儀でも儀仗隊派遣して欲しいです

元最高指揮官であり、自衛隊の存在意義をしっかり示してくれた人だから、当然でしょう。

何か問題でも?

何でもかんでも問題視する貴社のやり方はいかがと思います。何か問題がありますか?それより、M女性記者の説明責任はどうなっているのでしょうか。

公私混同の極致

どこまで権力を私欲に使うんだ?

いよいよキシガー開始なのか?キシダガーなら許す!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを