【国交50年】中国元副首相「日中は互いに依存し協力している。既に関係が緊密で離れられない運命共同体」

中国元副首相「日中は運命共同体」 国交50年で

記事によると…

・中国政府系シンクタンクの中国社会科学院は27日、日中国交正常化50周年に関するシンポジウムをオンラインも活用し開いた。劉延東元副首相は「両国は互いに依存し協力している。既に関係が緊密で離れられない運命共同体となった」と評価した。社会科学院が発表した。

2022/8/27 23:34
https://www.sankei.com/article/20220827-LUKUNGA5VNPBLBLWFFMUAQCPKM/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

劉延東


劉延東は、中華人民共和国の政治家。国務委員。第17・18期中国共産党中央政治局委員、国務院副総理、中国共産党中央統一戦線工作部部長を歴任した。
生年月日: 1945年11月22日 (年齢 76歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

ミサイル撃っといて?

日本『可能なら光年単位で離れたい』

ありえへん( ̄▽ ̄)

都合が悪くなるとレアアースの輸出を止めたりミサイルを撃ちます。

断固拒否ですね

冗談じゃない、お断りです。😑

そう思うならそういう態度をとってもらいたい😊中国共産党の外交姿勢は明らかに莫迦げている😊



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを