部下の妻が作った弁当を見て「ゴミみたいな弁当だな」とパワハラ → 留置者用の弁当を4年半で数百個食べた警部補を減給6カ月 → 依願退職

埼玉県警警部補が留置者用の弁当食べ懲戒処分、4年半で数百個にのぼるか 部下にパワハラも

記事によると…

・埼玉県警が、50歳の男性警部補を減給6カ月の懲戒処分とした

・留置されている人の予備の弁当を勝手に食べていたとのこと

・食べた弁当の数は2017年から4年半にわたり、数百個にのぼるという

2022年8月25日 19時14分
https://news.livedoor.com/article/detail/22737411/

留置


留置とは、 警察が、被疑者の逃走や証拠湮滅を防ぐために警察署内に収容すること。本稿で解説。 営業中でない鉄道車両などを留め置くこと。その留め置くための場所を留置線という。 カテーテルや点滴ラインなどの医療器具を体に挿入したまま固定しておくこと。 学校において同じ学年に留め置く措置で、原級留置という。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

部下の愛妻弁当になんて事を。何がゴミみたいな弁当よ。廃棄のゴミ弁当喰ってる口でよく言えるわね。卑し過ぎる。

同情心が一瞬で消し飛ぶ良記事

部下にめちゃくちゃ嫉妬してるやん笑

実に人間らしい所業だw

一瞬理解しかけたが、これは勿体ないと思ったんじゃなくて節約だったんだなって

減給6ヶ月で軽いと思いきや依願退職のパターンかぁ 結局恥ずかしくて残れないんだな

前半と後半の高低差ありすぎて耳キーンなるわ



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを