ホンダ、中国抜きのサプライチェーン構築へ

<独自>ホンダ、中国抜きのサプライチェーン構築へ

記事によると…

・大手自動車メーカーのホンダが、国際的な部品のサプライチェーン(供給網)を再編し、中国とその他地域をデカップリング(切り離し)する検討に入ったことが24日、分かった。

中国は「世界の工場」として、同社のグローバル展開の部品供給の要となってきた。しかし、新型コロナウイルスを受けたロックダウン(都市封鎖)で国内外の生産に影響が生じたことを受け見直す。

また、米中対立や台湾情勢の緊迫化など地政学リスクに対応する。中国国内では供給網を再構築し完成車の生産を続ける。

(略)

2022/8/24 16:42
https://www.sankei.com/article/20220824-R4MTQGRDKFJQDAA65ZIWQWSTAM/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

本田技研工業


本田技研工業株式会社は、東京都港区に本社を置く日本の大手輸送機器メーカーである。通称「Honda」、「ホンダ」。オートバイの販売台数、売上高は世界首位。自動車の販売台数は世界7位、国内2位。小型ジェット機の出荷数、芝刈機のシェアは世界首位。発電機、除雪機、小型耕うん機のシェアは国内首位。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

電気自動車Onlyに走った時はどうなるかと思ったが… いい傾向!

まぁ、いろいろおいといてもロックダウンの影響はあらゆる業種でヤバかったからなぁ

マツダに続いてこちらも素晴らしい。

本当だったら本田宗一郎も喜びそうだ。

他の製造業も脱中国へ続け。

これからも、ホンダ車を買う

取り敢えず良かった。ホンダもやっと気づいたのか、、、いや、そんな事なくて、やはりしがらみから解き放たれたのか、、、



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを