韓鶴子総裁「日本が最後の陣痛を経験している。指導者たちは恐れるな、強く大胆に出て行け、悶着は過ぎ希望に満ちた新日本が誕生するだろう。勝利せよ」

有田芳生氏のツイート

▼韓鶴子総裁の演説。日本部分(抄訳)。
日本が最後の陣痛を経験している。指導者たちは恐れるな、強く大胆に出て行け、悶着は過ぎ希望に満ちた新日本が誕生するだろう。大胆に出て行け。 勝利せよ。日本は天が与えた真の自由を得るだろう。「偽りの歴史」「偽りの勢力」は皆さんを通じて退く。

有田芳生


有田 芳生は、日本の政治家、ジャーナリスト、テレビコメンテーター。立憲民主党所属の元参議院議員。政界進出前は、オウム真理教や旧統一教会などのカルト宗教問題を専門として、『週刊文春』『朝日ジャーナル』などで活躍していた。 両親は日本共産党員で、父は政治運動家・労働運動家の有田光雄。
生年月日: 1952年2月20日 (年齢 70歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

最後の陣痛❓さっぱり 意味が わかりません。陣痛から 始まるんじゃないの🤣

いちいち品がない

うるせぇよ…(´Д`)ハァ…

やべぇヤツ

どうゆう事?🤷‍♀️

意味がわからない。誰か教えて。

いちいち言い方が気持ち悪いんだよ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを