国民・玉木代表、立憲民主の“敗因分析”に異論「なかったんじゃないですか?響くものが」

「なかったんじゃないですか?響くものが」 国民・玉木代表、立憲民主の「敗因分析」に異論

記事によると…

・「提案型野党」を掲げたことが参院選の敗因のひとつだとする立憲民主党の総括について、国民民主党の玉木雄一郎代表が2022年8月17日朝放送のラジオ番組「岩瀬恵子のスマートNEWS」(ラジオ日本)で異論を唱える場面があった。

 いわく「提案型が否定されたんじゃなくて、提案する内容が分からなかったというか、なかったんじゃないですか?響くものがね」。立憲の政策立案能力を疑問視した形だ。

■「他党のことなので、あまり言いませんけど...」

 立憲が8月10日に開いた臨時常任幹事会で了承した参院選の総括では、敗因を6つ列挙。最初に挙げた敗因が「党の支持率が低迷したまま選挙戦に突入したこと」で、

「『提案型野党』を標榜したことから、国会論戦において『批判か提案か』の二者択一に自らを縛ることとなり、意図に反して立憲民主党が『何をやりたい政党か分からない』という印象を有権者に与えることになった」

などと説明していた。

 玉木氏は番組で、参院選でも公約に掲げた「給料が上がる経済」について説明する中で、

「やるんだったら、いくらでも協力しますから。野党も反対ばっかりしてるんじゃなくて、とにかく賃金を上げる政策を出せばいいんですよ」

などと主張。司会の岩瀬氏が

「反対ばっかりしてるのは良くないっていうのは分かるんですけど...」

と立憲の例に言及すると、玉木氏は次のように指摘した。

「どうなんでしょう...他党のことなので、あまり言いませんけど、提案型が否定されたんじゃなくて、提案する内容が分からなかったというか、なかったんじゃないですか?響くものがね。だから私は、やっぱり野党であっても、おかしいことをおかしいと言うけど、その代わり『これでやろう』と言ってやらないと、なかなか難しいと思うので...」

(略)

8/17(水) 12:17
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ce509b2db462b163b15b8a46e1f1fc003b86fa2

玉木雄一郎


玉木 雄一郎は、日本の政治家。国民民主党所属の衆議院議員、国民民主党代表。 元大蔵・財務官僚、旧民進党幹事長代理、旧希望の党共同代表、旧希望の党代表、旧国民民主党共同代表、旧国民民主党代表などを歴任。
生年月日: 1969年5月1日 (年齢 53歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

立憲議員による焼肉屋事件と電車内丸出し事件は私の心に凄く響きましたよ✌

少なくとも危機的状況を認識できない人の党よりも、立憲は遥かにまともだ。

そもそも立憲民主が提案型とは誰も認識してないので否定も何もないんじゃないですかね?

一言、あなたが言う資格はない。

立憲はお味噌だから、真面目に相手にするだけ疲れる。早く立憲は国政から消えてほしい。

他党のことなのであまり言いませんけどと前置きしてるけどまぁまぁ言っていらっしゃる

苦笑したい人におすすめの記事です!



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを