立憲・逢坂誠二議員「死者に鞭打つな、確かにそうです。しかし安倍元総理はやっぱり、デタラメの極み。民主主義の基礎を破壊する許し難いことを行った事実は消えない」

逢坂誠二議員のツイート

「死者に鞭打つな」、確かにそうです。しかし個人を悼む気持ちと安倍元総理の行ったことは、確実に分けなければなりません。

安倍元総理はやっぱり、デタラメの極みです。

公文書を廃棄、ねつ造、隠ぺいしました。

国会でも繰り返し嘘をつき、統計の不正も頻発しています。

安倍元総理は内閣法制局長官の首をすげ変えて憲法の解釈を見直させ、集団的自衛権の行使を一部容認しました。

安倍元総理が民主主義の基礎を破壊する許し難いことを行った事実は消えません。

逢坂誠二


逢坂 誠二は、日本の政治家。立憲民主党所属の衆議院議員。姓の漢字は正確には部首が⻍ではなく⻌。立憲民主党代表代行。立憲民主党北海道連代表。 北海道ニセコ町長、総務大臣政務官、内閣総理大臣補佐官、旧立憲民主党政務調査会長等を歴任した。
生年月日: 1959年4月24日 (年齢 63歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

極みはお前だよ

出鱈目なことばかりしゃーしゃーと。嘘つきはダメですよ。

どっちがデタラメなんだか。

デタラメはお前ら脱糞民主党。

なんか有罪になったことでもあったか?

どっちが デタラメの極みなんだか

すみません。そのデタラメの極みと言うのを教えていただけませんか? 誰に聞いても教えてくれないのです。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを