横浜市、2023年度内から所得制限を撤廃 中学3年まで医療費無償化へ

横浜市、中学3年まで医療費無償化へ 所得制限を撤廃、2023年度内から

記事によると…

・横浜市は小児医療費助成の所得制限を撤廃し、自己負担分を全額助成する方針を固めた。現行制度は年齢によって所得制限や窓口での一部負担金が設けられているが、市議会との協議がまとまれば2023年度内から、中学3年までの「通院」「入院」にかかる医療費が無償化される見通し。

・関係者によると、助成対象は現行制度と変わらないが、所得制限や通院1回につき上限500円の一部負担金を廃止する。市の試算では新たに約39億円の財源が必要になるという。

8/11(木) 5:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/a73f9a91ada6869c3e2dba247003ce9f9178f134

関連ツイート

横浜市


横浜は、東京の南にある日本の都市で、1859 年に外国貿易のために日本で最初に開かれた港のひとつです。大きな中華街があり、数百軒の中華料理レストランや店舗が軒を連ねます。さまざまな時代の日本建築がある庭園、三溪園や、高さ 296 m のランドマーク タワーがそびえるみなとみらい地区があることでも知られています。
横浜は、東京の南にある日本の都市で、1859 年に外国貿易のために日本で最初に開かれた港のひとつです。大きな中華街があり、数百軒の中華料理レストランや店舗が軒を連ねます。さまざまな時代の日本建築がある庭園、三溪園や、高さ 296 m のランドマーク タワーがそびえるみなとみらい地区があることでも知られています。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

子育て支援で悪名高い横浜市が、中学3年まで医療費無償化、所得制限撤廃?!おめでとうございます。もう全国で所得制限撤廃はやらないといけない流れだね。

子どもにどケチな横浜が動いた。小児医療費の所得制限撤廃に向けて頑張って下さった全ての方に感謝。公立高校無償化と大学の奨学金の所得制限撤廃も頑張って声を上げましょう。

親の年収が1000万や1200万あれば子ども手当や無償化がなくても困らないと思うかもしれない。でも実際には困る子供、困っている子供がいる。それが何十年前よりも多くなってることは確か。子供は宝です。誰一人抜け落ちることのないように所得制限撤廃を。

これは泣くーーー!!私まで泣きそうです。横浜市の所得制限世帯の皆様おめでとうございます🎉

札幌市も続いて欲しいです!!

これは英断だとしても、ほかに色々問題がありすぎて、市民としては支持できません、そもそもこの財源はどうやって調達するのでしょうか?

財源をどうやって確保するのやら。難病の子供が横浜市にたくさん引っ越してきそうですね。中国とかからも。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを