旧統一教会「ピースロード」巡り、釈明に追われる政治家 → 一方、取り上げたマスコミは記事をこっそり削除…

旧統一教会「ピースロード」巡りメディアも対応追われる 「主催団体の確認が不十分でした」記事削除した新聞も

記事によると…

・世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体が主催するイベント「ピースロード」に関与した政治家が釈明に追われる中、過去に紹介したメディアにも矛先が向いている。

・ピースロードは「世界平和」「日韓友好」を掲げる自転車イベントで、2013年から実施している。今年開催予定の「ピースロード 2022 イン ジャパン」の共催には、旧統一教会の文鮮明教祖と韓鶴子総裁が設立した「UPF(天宙平和連合)」が名を連ねる。

・SNSでは、無批判に取り上げていたメディアにも説明を求める声が少なくない。記事検索サービス「日経テレコン」で15年~22年7月1日の期間、「ピースロード」を含む新聞記事は100本以上ヒットする。ピースロードのウェブサイトでは「多数のメディアで取り上げられました」と喧伝していた。

・新聞各社も対応に動いたためか、8月10日までに以下のウェブ記事が閲覧できなくなっていた。

「ピースロード思い込め、本番前にプレ大会 浜松で清掃活動も」(中日新聞)

「平和願い、自転車リレーでビワイチ 滋賀で『ピースロード』」(京都新聞)

「世界遺産登録願い 佐渡を疾走」(新潟日報)

「ピースロード、コロナ終息を 高岡市長を訪問」(富山新聞)

「平和願い25キロリレー 坂井~福井 光秀ゆかりの地巡る」(福井新聞)

「14日から平和願い自転車で東濃巡る ピースロード」(岐阜新聞)

・毎日新聞は2019年8月~21年8月にかけて3本の紹介記事を配信したが、いずれも本文が「この記事は世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体『天宙平和連合(UPF)』が関わるイベントを取り上げたものであるため、削除しました。主催団体の確認が不十分でした」と書き替えられた。

2022年08月10日15時45分
https://www.j-cast.com/2022/08/10443569.html

世界平和統一家庭連合


世界平和統一家庭連合は、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生した宗教法人である。文鮮明によって、1954年に韓国で創設された。旧名称は、世界基督教統一神霊協会である。1994年5月に名称が変更され、日本では遅れて、2015年8月に宗教法人名を管轄している文化庁から改称を認証された。
創設者: 文鮮明
設立: 1954年5月1日, 韓国 ソウル
本部: 韓国、ソウル市
会長: 田中富広(第14代)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

マスメディアが旧統一教会の関連団体を称賛した事実を「主催団体の確認が不十分でした」という根拠で弁解できるのであれば、政治家も同じ根拠で問題解決です。インチキメディアこそ日本社会を混乱させて不公正にする国民の敵です!

馬●ですね

これらの新聞社も ”統一教会と関係があった” わけですが・・・毎日新聞・中日新聞・京都新聞・新潟日報・富山新聞・福井新聞・岐阜新聞

毎日新聞をはじめ報道各社も、UPFの平和イベントを絶賛していましたが大ブーメラン🤗 「ピースロードが統一教会系だと知らなかった報道機関が報道に関わってはいけない」と批判できますか🤗

この記事を掲載してた #マスゴミ が自民党を批判するのはおかしいでしょ。 結局、自分達もその程度の認識だったんだから。

こういうのは完全な「魔女狩り」なんだよ。いくら統一教会がアコギに壺売ってたからって、テロリストでもないのに無闇に規制出来る訳ない。そこに多数の有権者が集まり、集めた資金で広告やイベントを打つことをどう防ぐ?

メディアが、統一教会関連の記事を取り消して許されるなら、政治家も謝罪すれば終わる筈。ところが、それが許されない。それをダブルスタンダードという。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを