旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ… 毎日200~300件の嫌がらせ電話「長男が亡くなったので」と自宅に遺体搬送車を呼ばれたことも

旧統一教会と対峙する弁護士・ジャーナリストが受けた嫌がらせ…無言電話や尾行だけじゃない

記事によると…

・統一教会(現・世界平和統一家庭連合)の信者救済を続ける「全国霊感商法対策弁護士連絡会」(全国弁連)の弁護士や、問題を追及するジャーナリストは、嫌がらせを受け、身の危険を感じるなど、皆、命懸けだ。

 代表世話人の山口広弁護士は、先月29日に外国特派員協会で開いた会見でこう振り返った。

「この問題に取り組み始めてから毎日200~300件の嫌がらせ電話がかかってきて、3週間続いた。自宅の近所や事務所の周りで顔写真付きの誹謗中傷のビラを10万枚以上まかれた。この問題に取り組んでいる弁護士にはいろいろな嫌がらせがあった。命を狙われることについては、今も『気を付けろ』と言われてますけど、今のところ幸い生き残っています」

・当初は事務所と自宅に毎日、ほぼ同じ時刻に無言電話があり、時には受話器の向こうで「イヒヒヒ」と薄気味悪い笑い声を立ててガチャッと切れることもあったという。

嫌がらせは日を追うごとに次第にエスカレート。にぎり寿司上6人前、見舞い用マスカット3個を注文されたのは序の口だった。

ホノルルまでの航空券を予約されたり、引っ越しの依頼、ホテル5室の予約、スキン5万円分を勝手に注文され、ガス漏れ通報、家政婦や盲目のマッサージ師の派遣を依頼。

「長男が亡くなったので」と自宅に遺体搬送車を呼ばれたことも。

2022/08/06 06:00 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/309384

世界平和統一家庭連合


世界平和統一家庭連合は、朝鮮半島のキリスト教の土壌から発生した宗教法人である。文鮮明によって、1954年に韓国で創設された。旧名称は、世界基督教統一神霊協会である。1994年5月に名称が変更され、日本では遅れて、2015年8月に宗教法人名を管轄している文化庁から改称を認証された。
創設者: 文鮮明
設立: 1954年5月1日, 韓国 ソウル
本部: 韓国、ソウル市
会長: 田中富広(第14代)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

完全に反社会組織やんけ

警察なにしてんの?

ってそら害オタと統一が親和性高いわけだ 嫌がらせの手口が完全に同一

卑劣で執拗、エグい反社ぶり

ヤクザやんけ、と思ったけどそもそも元がCIAご用達の反共謀略機関なので、悪い事やおっかない事をやるのは当たり前なのだ。

いやはや、凄まじい嫌がらせ。嫌がらせの範疇にあらず、もはや⚪︎⚪︎!!とにかく読んで、気分悪くなるから…

嫌がらせ注文、家族の死を虚偽通報で遺体搬送者依頼、虚偽通報の数々



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを