佐藤正久議員「レーダー照射問題も、慰安婦財団解散も、今回の労働者賠償問題も韓国側が一方的に作り出した問題」

佐藤正久議員のツイート

昨日のTVで、韓国を大陸側に追いやる外交を日本はすべきでない旨のメールがあった。

ただ、これまで韓国の子どの主張を日本が大人の対応で大目に見てきた結果が、今の日韓関係だ。

レーダー照射問題も、慰安婦財団解散も、今回の労働者賠償問題も韓国側が一方的に作り出した問題。日本は軸を曲げてはダメ

佐藤正久 プロフィール


佐藤 正久は、日本の政治家、陸上自衛官。愛称は「ヒゲの隊長」。 政治家としては、自由民主党所属の参議院議員。外務副大臣、参議院外交防衛委員長、防衛大臣政務官を歴任。 陸上自衛官としては、最終階級は1等陸佐、最終官職は陸上自衛隊幹部学校主任教官。第1種放射線取扱主任者資格を「若手幹部時代」に取得している。
生年月日:1960年10月23日 (年齢 59歳)
佐藤正久 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

まさに、その通りだと思います

絶対にその通りです!今はたくさんの愛国者がいますので必要な行動は必ず起こします。なので政策と外交、宜しくお願い致します。

佐藤先生、頑張ってください

佐藤先生、おっしゃる通りです、スッキリしました!韓国と日本のマスコミが一方的に作り上げた問題、いままた甘やかすと次から次へとエンドレスになると思います

おっしゃる通りだと思います。

私も、日本は軸を曲げてはダメだと思います。

私は日本国民の一人として佐藤議員の意見を全面的に支持します!

いいね!・フォローで
応援お願いします!

最新情報をお届けします

新着情報をお届けします

アンケート投票 & 結果確認