民間給与回復、格差解消へ 人事院が国家公務員給与 3年ぶり引き上げ勧告

国家公務員の給与引き上げ 初任給3000~4000円増 格差解消へ人事院勧告

記事によると…

・人事院は8日、令和4年度の国家公務員給与を引き上げるよう国会と内閣に勧告した。企業業績の回復で、民間の給与水準が高くなっており、格差を解消する。最も人数が多い行政職の月給は、初任給を3000~4000円アップするなどして平均921円(0・23%)の増。ボーナスの年間支給月数は0・10カ月分増やして4・40カ月とする。いずれも3年ぶりのプラス。

政府は同日、給与関係閣僚会議を持ち回りで開き、勧告を受け入れるかどうかの検討を始めた。受け入れて法改正した場合、行政職(平均42・7歳)の年間平均給与は5万5000円増の666万円となる。

2022/8/8 12:03
https://www.sankei.com/article/20220808-SDEUPY3M7ZKQ5CEKXFQ6AMIS5M/
『産経新聞』のご購読お申し込みはこちら

国家公務員

国家公務員は、公務員のうち、国家機関や行政執行法人などに勤務する者を指す。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

なんで私の給料だけデフレなんだろう。

アルバイトだと100時間働くのと同じ金額、ということは、月100時間以内に勤務時間を押さえれば同等の待遇向上という計算になるねぇ。

民間企業は乾いたぞうきんを絞るようにして、利益を上げ、存続して、従業員に給料を払ってるんだが、公務員は何か努力して給与が引き上げられるの?

本当にそうなら年金も上げる必要がありますが?何十年も景気悪化させた財務省とOBは給与と年金カットですよね、外国に土地買わせている国交省も

おかしいと思う

上げないよりはいいけど、優秀な人を集めるならもっと上げないと魅力感じてくれないよね...

格差解消って、そこなのか?



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを