【新潮】安倍昭恵夫人の“国賓レベル”の警護はいつまで続くのか 元SPは「通常、夫人は対象外」→ ネット『こんなことまでケチつけるの?』『こうやってメディアが煽る以上は必要』

安倍昭恵夫人の“国賓レベル”の警護はいつまで続くのか 元SPは「通常、夫人は対象外」

記事によると…

・今月1日、安倍晋三元首相の銃撃事件後、初めて地元・山口県入りした昭恵夫人(60)。支援者らと共に馴染みの飲食店や安倍家の墓を訪れた。彼女を行く先々で警護したのは10人程度の警察官だった。この超厳重な警護体制は妥当なのか、専門家に聞いた。

・昭恵夫人の山口入りを取材した記者は、厳戒態勢ぶりについて次のように語る。

「羽田空港で昭恵さんは、一般客が全員登場した後、地上バスから直接機内に乗り込み、最前列にSPと一緒に着席しました。一般客がいる搭乗ゲートを使わなかったのは、警備上のリスクを避けるためでしょう」

「昭恵さんの乗ったワンボックスカーは、山口県警の警護車両などに挟まれて、計4台の車列を作って空港を出発しました。ほどなくして着いた先で、後援会関係者らと昭恵さんが会食する間、店の周辺を10人くらいのスーツ姿の警察官がガード。現場には私とカメラマンしかいませんでしたが、1人に対し、2人の警察官がベタ張りするような感じでした」

「100人近い支援者が待つ墓所でも、入口で待ち受ける2人の制服姿の警察官から検問されました。警戒ぶりだけ見れば、国賓が来ているんじゃないかと勘違いするほど。本気を出せば警察はとことんやるんだなと、感心すらしましたね」

昭恵夫人に対する万全の警備にかかる費用は、当然、税金から支出されている。不測の事態を防ぐためとはいえ、その額は相当なものだろう。

通常、元首相夫人に警護は付かない

警視庁警備部警護課で6年間SPを務め、小渕恵三元首相の警護を担当したこともある、身辺警護SP学院の伊藤隆太氏に聞いた。

「一般に首相経験者には、本人が辞退しない限り、数名のSPが付き警護に当たります。一方で、元首相の夫人や家族にSPが付くことは基本的にはありません。夫人を伴う国際会議の場などは、SPが夫人を含め警護対象とする場合もありますが、あくまで例外です」

8/8(月) 6:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/72fd67594a660dec8b595076f40cf92544c2f212

安倍昭恵


安倍 昭恵は、第90・96・97・98代内閣総理大臣である安倍晋三の妻。
生年月日: 1962年6月10日 (年齢 60歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こうやってメディアが煽る以上警護は必要だろうね。口答えしない人間は人間じゃないんでしょ?メディアのみなさんには。

「安倍氏は殺されて当然」とかイキってるパヨクが大勢居るような物騒な中で、アッキー一人で出歩かせる訳にはいくまい。うっかり殺されたらどうすんだよ(´・ω・`)

安倍総理の”功罪”などと世間が騒がなくなるまでですよ。「SPは通常、1人まで」で安倍総理が殺されたことをもう忘れた議論をしようというのか?

あれだけサヨクが執拗に吊るし叩き潰してきた総理夫婦。警護するの当たり前じゃね?。

まあ、安倍安倍言ってるうちはつくだろうね 頭のおかしなの多いから余裕で想像つく そんな状態で無防備にして想定通り襲われたらねー

こんなことまでケチつけるの?

まだ安倍総理が暗殺されて間もないばかりでなく、背後関係も解明されていない状況で、奥さまの厳重な警護は当然でしょう。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを