琉球新報「国民が戦争に不安を抱くのは、安倍元首相や岸田首相の発言のせい」「数の力を背景にした発議は国民の意に沿わない」

<社説>戦争可能性「ある」48% 平和外交こそ国民の声

記事によると…

(前略)

・国民が戦争に不安を抱くのは、日本の政治家から敵基地攻撃能力や防衛費倍増など、平和憲法を逸脱する発言が相次いでいるからではないか。

例えば、安倍晋三元首相は昨年、「台湾有事は日本有事」と発言した。自らの発言に関連して、台湾有事が安全保障関連法に基づく重要影響事態や存立危機事態になる可能性もあると言及した。「米艦に攻撃があった時には、集団的自衛権の行使もできる存立危機事態になる可能性がある」と述べた。

岸田首相は台湾を念頭に「ウクライナは明日の東アジアかもしれない」と発言した。台湾や尖閣諸島で不測の事態が起きた時に沖縄を戦場にすることを前提にしている。無責任な発言だ。

今回の世論調査で、中国が10年以内に、台湾に軍事侵攻する可能性があるとした回答は「大いに」と「ある程度」を合わせ計75%に上った。

中国の台湾侵攻を巡っては、昨年、当時の米インド太平洋軍司令官が、6年以内に起きる可能性があるとの認識を示した。そこに安倍氏ら保守政治家の発言が加わり、台湾有事論が国内で広がった。日本有事と短絡的に結び付けず冷静な議論が求められる。

一方、戦争回避の手段として外交に次いで多かったのが憲法順守である。岸田首相をはじめ、自民党三役から国会発議を見据え、改憲論議の加速を促す発言が出ている。

数の力を背景にした発議は国民の意に沿わない。岸田政権は、今回の世論調査の結果を重く受け止めるべきだ。拙速な議論は許されず、国会での熟議が求められる。

2022年8月2日 05:00
https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-1559071.html

琉球新報


琉球新報は、沖縄県を中心に発行されている日刊新聞である。株式会社琉球新報社が発行している。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

何故少数が威張るんや?

アノ国の代弁者でしょうね。

言ってる意味がよくわからない。数による多数決での決定=民主主義なのではないか。

民主主義を否定してるんですね❗ 琉球新報さんは

邪魔するな足を引っ張るな琉球新報、貴様らが民意など口にするな

いつまで言ってろ

ご近所さんの台湾とは仲が悪いのかスルーちゃってるね



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを