公明・山口代表旧統一教会めぐり「関わりを持った人が、まずは説明責任を果たしていくことが大切だ」

公明 山口代表 旧統一教会めぐり “自民の関係議員は説明を”

記事によると…

・「世界平和統一家庭連合」、旧統一教会と政治との関係をめぐり、公明党の山口代表は記者会見で、自民党の関係がある議員に対し、説明責任を果たすよう求めました。

この中で、公明党の山口代表は、旧統一教会と政治との関係をめぐって「公明党はほとんど関係を持たないが、自民党の中で関わりを持った人が、まずは説明責任を果たしていくことが大切だ。具体的にどういう関わりがあるのか、個別の状況に応じてきちんと説明すべきだ」と求めました。

そして、「社会的に問題を抱えたり、トラブルを多く発したりしている団体について、政治家の側は、選挙の支援を求めることや、国民の誤解を招くようなふるまいを行うことは控えるべきだ」と重ねて指摘しました。

2022年8月2日 16時00分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220802/k10013747661000.html

山口那津男


山口 那津男は、日本の政治家、弁護士。公明党所属の参議院議員、公明党代表。 衆議院議員、防衛政務次官、新進党副幹事長、公明党参議院国会対策委員長、公明党政務調査会長などを歴任した。
生年月日: 1952年7月12日 (年齢 70歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

平気な顔でこれを言えるからすごい。

競合相手

創価創価

創価学会と関わりを持った議員もお願いします

自分の足元の悦明責任もね!👍

お前もやん

創価学会と関わりを持った公明党議員の説明は?😂



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを