銃歴35年の元自衛隊幹部「経験では山上の腕はオリンピック級、単なる怨嗟だけではこのような犯行は無理…」

KUBOさんのツイート

自衛隊で銃を35年撃ってきた経験では山上の腕はオリンピック級、単なる怨嗟だけではこのような犯行は無理。

東大に行くの自宅浪人3年してもダメなのと同じ。

河合塾か駿台予備校に行かなければ。

つまり多額の金銭支援と訓練指導が必要。

自衛隊


自衛隊は、自衛隊法に基づき、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つために設置された部隊および機関。 事実上の軍事組織であり、国際法上は軍隊として扱われている。 陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊の3部隊から構成され、最高指揮官たる内閣総理大臣および隊務統括を担う防衛大臣による文民統制の下、防衛省によって管理される。
本部: 東京都新宿区市谷(防衛省)
設立: 1954年7月1日, 日本
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

素人が5m先の図星を銃で狙い撃つのってどれくらい難しいの?的に当てること自体難しかったりする?

あのビニールテープの手製散弾銃で一度に12発の弾丸を発射し、3秒感で続弾6✕2発を装填。その衝撃にも耐え得るビニールテープもオリンピック級。銃の撃針、弾丸の雷管、装填構造が興味深いです。しかも貫通しにくい散弾銃の弾丸が全て貫通していたのは違和感です

自作のライフリングも無い銃なんて、有効射程10mも無いでしょうし…

やっぱスパイじゃん

そうなんですよ。何かしっくりこない気がする事件です。

やはり…

凄い説得力だなあ…💦



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを