【秋葉原通魔事件】加藤智大死刑囚の死刑執行に、東京新聞記者「複雑な生い立ちだった。更生求めない死刑でいいのか、改めて疑問だ」

望月衣塑子さんのツイート

複雑な生い立ちだった。更生求めない死刑でいいのか、改めて疑問だ

秋葉原殺傷、加藤死刑囚の刑執行 発生14年、岸田政権で2回目

秋葉原で2008年に7人が死亡、10人が重軽傷負った無差別殺傷事件で殺人などの罪に問われ、死刑確定した加藤智大死刑囚(39)の刑が26日に執行

望月衣塑子


望月 衣塑子は、日本の新聞記者。中日新聞社の社員、女性ジャーナリスト。弟は演出家、脚本家、俳優の望月龍平。
生年月日: 1975年 (年齢 47歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

望月衣塑子の配偶者や親兄弟、親戚、友人が被害に会っても同じ事が言えるのか?

何故加害者にばかり寄り添うんだろう

借りたもの返せよー!

事後で騒いでもね…。

そんなことより奥さんに遺品返したん?

生い立ちに問題があれば何をしてもいいのか?え?

今や活動家が新聞屋に就職する時代となったという事か。わかりやすくて結構な事です。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを