自民・工藤衆院議員、旧統一教会から選挙応援「距離感は考えるが、いきなり関係を絶つことはできない」

自民の工藤衆院議員、旧統一教会から選挙応援 「電話作戦など」

記事によると…

・自民党の工藤彰三衆院議員(愛知4区・4期)は26日、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の関連団体から選挙応援を受けてきたことを明らかにした。

毎日新聞の取材に「以前から付き合いがあり、2期目の選挙から支援してもらっている。電話作戦などを丁寧にしてくれる」と話した。

・旧統一教会を巡っては、霊感商法や多額の献金が問題視されているが「(関連団体が掲げる)自主憲法の制定など政治的信条が自分と合う」とし、今後については「距離感は考えるが、いきなり関係を絶つことはできない」と話した。

7/26(火) 12:18

工藤彰三


工藤 彰三は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員。元国土交通大臣政務官、元名古屋市会議員。 父は、愛知県議会議員、名古屋市会議長を務めた工藤恭弘。 生年月日: 1964年12月8日 (年齢 57歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

あぁぁ..信じる者は救われるなのかな~😑
招待隠すどころか、何か問題でも?的な( ºΔº )
この議員のような感じの議員が他にもいるでしょうね。
こっそりホームページから関係性のある項目を消すより正直で良いと思うよ。
深く入りこんじゃってんなこりゃ。
あかんわ😩‼️
ズブズブだな これが何を意味するのか?分かる人は分かるはず。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを