東京 秋葉原無差別殺傷事件(14年前)、加藤智大死刑囚に死刑執行

14年前の東京 秋葉原無差別殺傷事件 加藤智大死刑囚に死刑執行

記事によると…

・14年前、東京 秋葉原で7人が殺害された無差別殺傷事件で、死刑が確定していた加藤智大死刑囚に26日午前、刑が執行されました。死刑の執行は去年12月以来で、岸田内閣では2回目です。

加藤智大死刑囚(39)は、平成20年6月、東京 秋葉原の繁華街にトラックで突っ込み、通行人をはねたりナイフで刺したりして,
7人を殺害し、10人に重軽傷を負わせたとして殺人などの罪に問われました。

2022年7月26日 9時33分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220726/k10013736001000.html

関連動画

秋葉原通り魔事件


秋葉原通り魔事件は、2008年6月8日に東京都千代田区外神田で発生した通り魔殺傷事件。7人が死亡、10人が重軽傷を負った。警察や裁判所、報道、更に犯人自身からは主に、秋葉原無差別殺傷事件と呼ばれている。犯人は2022年7月26日に死刑執行された。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

7人殺しておいて「死刑は重すぎる」は無いわなあ。

歩行者天国文化を一時的に消し去ったこの人ついに死刑執行か

当時、速報で現場の中継をテレビで見た記憶。極めて傷ましい許されない事件だ。しかし、いかなる場合であれ、国家が国民の命を奪うことをすべきでない。死刑執行に強く抗議する。

当時は恐ろしい事件だったけど 今となっては他の凶悪事件ほどじゃない

執行まで時間がかかり過ぎ。確定しているのは次々と執行して欲しい。

やった事は到底許されるものではないけれど、刑が確定してから延々と待たされ続けるのは精神的にかなりキツいと思う。

ついに執行されたのか...



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを