【話題】『これはイヤらしさの極地に到達したバッターやな…』(※動画)

キッタ@プロ野球さんのツイート

これはイヤらしさの極地に到達したバッターやな

打者

打者とは、野球、ソフトボール、クリケットにおいて、投手が投げるボールを、バットを用いて打撃する選手のことである。 野球の打者は英: batterと言う。 クリケットの打者は一般にバッツマン と呼ばれるが、オーストラリアではバッターと呼ばれている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

打つ気ないだろ

ところでピッチャーは一人の打者に対して右投げ左投げをコロコロ変えることできるんかな? 両投げ用のグラブが要るけど

ツーストライクからは打席変更できないって言われた事あるけど、コレ見てその謎ルールは存在しない事を知った。笑 20年ぐらい嘘のルールで育った。 何この感覚。笑

ふざけてやってるのならNGだけど勝つためにやってるのなら奇策

調べてみたら、この打者が出塁した三回に有田工が4点とったんですね。結果は有田工4-東明館3でわすか1点差。この打者が出てなかったら有田工は負けてたかもしれないし、何としても出塁しようという根性が現れたものだと思いました。

左打者だと投げにくい。打者ちびだと投げにくい、バンドの構えされると投げにくい。これを一打席でやられただけ。なんの問題もないし、そういう投げにくい状況での練習が足りてないだけ。ただ、高校野球の正々堂々、男らしく、礼儀正しくみたいな昭和のスポーツ感からは反感かいそうね。

みんながなんでそんなに叩くのか不思議 左右の打席を入れ替わるスピードや、ちゃんと審判の後ろを通るあたり、礼儀はわきまえてる子だという印象を持った



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを