宮沢洋一自民税調会長「防衛費増へ社会保障カットの議論が必要」「NISAを絡めることで金融所得課税見直し必要」

YouTubeチャンネル『テレ東BIZ』より

概要欄

「防衛費増へ社会保障費カット議論」 宮沢洋一自民党税調会長(2022年7月24日)

岸田総理大臣の側近で自民党税制調査会長の宮沢洋一氏に2023年度の税制改正の方向性などについて聞いたBSテレ東の「NIKKEI 日曜サロン」の映像をお伝えします。

自民党が目標に掲げる防衛費を5年以内にGDP比で2%以上にするための財源について、「打ち出の小槌を持っているわけではない。本当に防衛費がそこまで必要ならば、社会保障の水準を切り下げてもよいかという議論は当然しなければならない」と述べました。

2023年度税制改正の方向性について「人への投資で大規模減税をしたい。そういうことをした企業には減税をする。しなかった所は法人税を増やす。すでに関係省庁に指示している」と述べました。

岸田ビジョンの懸案となっている金融所得課税の見直しについて、「1億円の壁と言われるように、その問題についてもNISA(少額投資非課税制度)の拡充と同時に検討しなければならない」と述べ、NISAを絡めることで金融所得課税見直しの方向を示しました。

宮沢洋一


宮沢 洋一は、日本の政治家、元大蔵官僚。自由民主党所属の参議院議員。自由民主党税制調査会長。 衆議院議員、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣、自由民主党税制調査会長、参議院政策審議会長代理、自民党たばこ議員連盟副会長、参議院消費者問題に関する特別委員長、自由民主党広島県連会長などを歴任した。
生年月日: 1950年4月21日 (年齢 72歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

外国人にばら撒くの辞めるのが先だろ。

ずは政治家の時給1000円ボーナス0に変えてから言え

は? それよりこの人人前でしゃべるのに態度悪いな。

その金、実際はどこにまわす予定なんだか

ほら、来た!!

ええかげんにせーよ💢

消費税を上げた口実はどこへ行った



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを