毎日新聞ヘリ、飛行中に操縦席の窓落下…「落下地点は田んぼで、目視して被害がない。よし!」→ そのまま目的地へ

毎日新聞ヘリ、飛行中に操縦席の窓落下…始球式用のボール落とすため長崎に向かう途中

記事によると…

・毎日新聞西部本社は22日、同社ヘリコプターが同日午後4時27分頃に福岡県みやま市高田町付近の上空を飛行中、操縦席側のアクリル製の窓1枚が外れ、落下したと発表した。同日午後8時現在、窓は見つかっておらず、被害は確認されていないとしている。

発表によると、ヘリは1999年に導入。窓は台形で上辺31センチ、下辺47センチ、高さ24センチ、重さ約380グラム。スライド式で、レール部分の劣化が原因とみられるという。中学生の野球大会開会式で始球式用のボールを落とすため、北九州空港から長崎県島原市に向かっていた。窓の落下地点は田んぼで、目視して被害がないと判断し、そのまま向かったという。

7月22日(金)22時17分
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0722/ym_220722_9265930983.html

みやま市


みやま市は、福岡県南部にある市。瀬高町、高田町、山川町が合併し、2007年1月に発足した。 国内5番目の「ゼロウェイスト」宣言都市。また、国内440自治体目の「ゼロカーボンシティ」宣言都市。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

流石は変態新聞、やるやん。

どうせ、社会の窓も空いてんだろ。(笑)

免許取上げですよね

うわーやべーな

オスプレイより危険な対応

自分たちこそ最高権力者だと思い上がってるからできる芸当

不祥事を 毎日のように 繰り返し



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを