【夏の甲子園】酷暑で倒れる球児を尻目に入場料は値上げ… “金儲け”に走る高野連と朝日新聞

【夏の甲子園】酷暑で倒れる球児を尻目に入場料は値上げ、高野連と朝日新聞が“金儲け”に走った理由

記事によると…

・全国各地の高校球児が甲子園出場をかけた地方大会がスタート。

・「試合中に足をつる選手が続出しています。また、宮城県では開会式で体調不良も訴える選手もいました。今年は6月下旬から気温が30度を超えるなど、連日の猛暑の影響も大きいと思います」(スポーツ紙記者)

・暑さの問題に加えて、入場券の大幅な値上げという問題も起きている。今年の夏の甲子園は3年ぶりに入場制限なしで開催予定だが、外野席入場券は大人500円から1000円、子ども100円から500円にアップ。一塁・三塁の内野席入場券は2000円から3700円となり、バックネット裏の中央指定席では2800円から4200円まで大幅に上がった。

・日本高野連が朝日新聞のサイトでクラウドファンディングを募ったが、目標額の1億円には遠く及ばない1300万円台に終わった。

スポーツライターの小林信也さん
「お金が足りないのなら、主催側がお金を出すべきだと多くの人が考えた結果だと思います。高校野球ファンとの認識の違いがあったことについて、日本高野連と朝日新聞は自問自答すべきなのに、そうした姿勢は見られなかった。入場料を上げて収入を増やそうというのは安易な方法です」

「お金が足りないのなら、主催側がお金を出すべきだと多くの人が考えた結果だと思います。高校野球ファンとの認識の違いがあったことについて、日本高野連と朝日新聞は自問自答すべきなのに、そうした姿勢は見られなかった。入場料を上げて収入を増やそうというのは安易な方法です」

7/18(月) 6:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/16cf2f49577afed48a549731305b5066f323e19f

全国高等学校野球選手権大会


全国高等学校野球選手権大会は、日本の兵庫県西宮市にある阪神甲子園球場を主会場として朝日新聞社と日本高等学校野球連盟が毎年8月に開催している高校野球の大会である。前身の全国中等学校優勝野球大会は1915年に大阪府の豊中球場で第1回が開催され、1948年より学制改革に伴い現行の名称となった。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

高校野球朝日新聞儲からないからここで儲けようとしてる。 別に朝日新聞絡めずに高校野球大会をしたらスッキリするのに。

宮川大輔さんのお父さんの喫茶店みたい 終わり間際にはコーヒー1杯350円→850円に値上げみたいな

本業が稼げないからって高校野球の入場料上げて儲けようなんて、子供達を喰いものにするな。甲子園やめてインターハイで良くないですか?

そりゃ購読者数が激減している現状で、そこの穴埋めは必要ですからね。

そうなれば出場者にもそれなりの「出演料」が支払われるべき。教育の一環を自ら破壊する主催者、珊瑚は大切に。

もう収入源が不動産と甲子園しか無いんじゃないの?

もう、夏は北海道、春は沖縄でやればいいんじゃないかな。多分、球児も喜ぶでしょう。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを