有田芳生氏、旧統一教会をめぐる“空白の30年”に警鐘「政治家たちに接近を図り、国会にも大きな影響」

「合同結婚式や政治との関わり、テレビ局の人でさえ知らなかった」旧統一教会をめぐる報道の“空白の30年”に有田芳生議員が危機感

記事によると…

・ジャーナリストとしてオウム真理教などの問題を40年以上にわたり取材してきた有田芳生参議院議員が、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)をめぐる“空白の30年”に警鐘を鳴らしている。

「有名歌手やスポーツ選手が合同結婚式に参加した1992年ごろ、各局は一大キャンペーン報道を張った。ワイドショーも含め朝から晩まで霊感商法などの旧統一教会の問題を取り上げた。しかしそれ以降、“空白の30年”が生じてしまった。1995年に地下鉄サリン事件が起きてからは、カルトといえばオウム真理教、ということになっていった。

・1991年、私は『週刊文春』で半年にわたって取材をし、全国会議員の秘書さんについて調べてみた。石原慎太郎さんは“50人ぐらいはいるだろう”と話していたが、実際、信者が公設秘書や私設秘書としていっぱい入っていることが分かった。この原稿を書いて30年以上が経つが、それっきりだ。“タブー”として、今まで全く報じられてこなかったことだ。

他にも、中曽根内閣時代の1986年に行われた衆参W選挙では、旧統一教会が京都・嵐山にある嵯峨亭という旅館を買い取って研修施設にし、身長156cm以上で英会話のできる女性の信者を集め、お辞儀の仕方に始まる2週間の研修を行い、秘書として自民党へ無償で送り込んでいたことも分かっている。

やはり政治家には秘書などの人手が必要だ。僕も何回も選挙に出たけれど、運動員を集めるのも大変だ。お金もかかる。信者さんたちは今も昔も本当に真面目な人たちだ。そういう人たちが一生懸命に頑張ってくれるのだから、政治家にとっては本当に助かるし、ありがたい話だ。これは今回の参議院選挙も含め、の話だ。

このようにして、旧統一教会は“空白の30年”の間も変わらず政治家たちに接近を図り、国会にも大きな影響をもたらしていった。」

7/16(土) 20:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/8432a59f0ed362d46789af12968342507825c6ca

関連動画

有田芳生


有田 芳生は、日本の政治家、活動家、ジャーナリスト、元テレビコメンテーター。立憲民主党所属の元参議院議員。高校生時代に日本共産党に入党したが、2回の査問の末に1990年に「日本共産党への手紙」の編集をしたことで除名された。 両親は日本共産党員で、父は政治運動家・労働運動家の有田光雄。
生年月日: 1952年2月20日 (年齢 70歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

観させていただきました。今後も徹底的に追及していってください!

マスコミはそうだけど、かくいう有田さんもその間国会議員だったのだからさらに追及できたはずでは?

頑張ってください。民放でもやってほしい。

がんばれサタン!

宗教ジャーナリスト達も何してたの??? あっ!アナタもたしか…

番組見ました。統一教会と自民党とのズブズブの関係性について、説明が分かりやすくてよかったです。次は、自民党関係者と統一教会の事について討論したりする所が見たいです。

落選したのに統一教会様々なだな(爆笑)



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを