タイムズのカーシェア、乗車しエンジンもかけているけど、なぜか走行距離「0km」で返却する人が急増…  その理由がこちら!

セキ技研さんのツイート

タイムズのカーシェアでは、乗車しエンジンもかけているけど、なぜか走行距離「0km」で返却している人が相当数いるという事実がデータで判明。

調べていくと、実は電話BOX替わりや素泊まり場所として利用している人が存在するのだそう。

予想外の新しい顧客ニーズを発見できる、これぞDXの醍醐味。

タイムズカー


タイムズカーとは、タイムズモビリティが運営するカーシェアリング事業及びそのブランド名である。2021年4月1日に、旧名称「タイムズカーシェア」から名称変更された。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

携帯の充電に使っている人も聞きます。冷暖房完備ですし、快適です。

軽の箱バンを車中泊仕様にして貸し出すと良いかもですね

電話と同じですが、テレビ会議として使ってる人もいそうですね。

日本だと車で泊まれる駐車場とか面白そう。ビルのキラキラを見ながら眠れますみたいな。都会なら需要があるかも。

酔っ払って目が覚めたら車の中にいたことあります(ちゃんと正規の手続き踏んで車借りてました)

終電で寝てしまって終点で降りたらホテルなくて、カーシェアお借りした事あります。結果そのまま朝になっていた例をサークル仲間でシェアしました。

しかし、カーシェアのあるタイムズは大体が住宅街にあるから、もし夜中にエンジン掛けたまま泊まられたら近所の人は迷惑やろうなぁ。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認