旧統一教会の会見に、モーニングショー紀藤弁護士「100%嘘としか言いようがない」

旧統一教会の会見「100%嘘としか言いようがない」モーニングショー紀藤弁護士の断罪に驚きの声

記事によると…

・宗教トラブルに詳しい弁護士・紀藤正樹氏が、12日放送の『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に出演。安倍晋三元首相 銃撃事件に関して11日に開かれた、宗教法人・世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)田中富広会長の発言を疑問視した。

今回の事件は、山上徹也容疑者が、その母親が多額の献金で破産に追い込まれたとされる入信先・家庭連合と、安倍元首相に接点があると一方的に恨みを募らせたことで至ったとされる。

これを受けて田中会長は「(容疑者の母が)破綻されたことは分かっているが、事情は分からない。高額献金を要求したかどうかは記録上、一切残っていない」と答弁。献金額については警察が捜査中のため言及できないと語った。安倍元首相との関係については否定したものの、昨年9月に旧統一教会の創始者が設立した友好団体「UPF」のイベントにビデオメッセージを送っていることが判明した。

紀藤氏は会見の感想について「誠実さを欠く」と述べ、「大事なことについてきちんと説明していない」「客観的な調査や具体的な事実に基づいた話をしていない」と断じた。

同会長は会見で「臆測ですが」という前置きで、「容疑者は旧統一教会とUPFの区別がついていなかったのではないか」と推論していたが、これについても紀藤氏は「多くの信者は区別がつかない」とバッサリ。「UPFと統一教会はいわば一体の組織であって、友好団体という言い方は極めてミスリード」と述べた。さらに同氏は、1976年にはすでに会長も入信していると語りつつ、「『捜査中だから話せない』ではなくて、そこは誠実に答えるのが本来の姿」と力説。他にも連合の隠語で「『早く現金』の略称は“HG”」とも解説した。

2009年、姓名判断を装って不安をあおり、高額な値段で印鑑を売りつけた事件で当時の会長が辞任に追い込まれている。田中会長は会見で、この一件以来、コンプライアンスを徹底したことで2009年以降は献金トラブルがないと話していた。

これについても紀藤氏は、2020年2月28日に家庭連合に対して言い渡された判決文の写しを見せながら、「これは平成25年(2013年)とか27年(2015)とか、その頃の事件の判決です。その頃でもまだ高額献金をやってたわけですので、私から言わせると、彼の言っていることって、何ていうんですかね、100%嘘としか言いようがないんでよね。本当に申し訳ないですけど、こういうことを言われること自体、教会長としての代表者としての資質を欠くと私は思います」と話していた。

2022/07/12 13:50
https://news.nicovideo.jp/watch/nw11160276

関連ツイート

関連動画

紀藤正樹


紀藤 正樹は、日本の弁護士。第二東京弁護士会に所属している。山口県宇部市出身。2001年9月にリンク総合法律事務所を開設した。
生年月日: 1960年11月21日 (年齢 61歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

宗教法人への寄付行為を規制しよう

嘘が蔓延するマスメディア

見れば良かった

どっちが嘘かは一目瞭然な気も……面倒臭いなぁ、宗教とメディアが癒着すると。┐(´д`)┌

あの玉川を絶句させるとはすごい。それに比べてオウムでTVデビューした他の面々は今は落ちぶれているね。

いいぞ、もっとやれ!この方の言っていることが100%正しいかはわからないが、こういう発言がTV等のメディアで見れられない状況というのは明らかにおかしい!

要は「合法的なオレオレオ詐欺」暴力団には宗教法人優遇措置がないからね



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認