大阪・吉村知事が拡散「新型コロナウイルスにおけるうがい薬を用いた殺ウイルス効果の研究レポート原文」

吉村洋文氏のツイート

米国感染症学会の機関誌に7月29日に公開された独ルール大学による新型コロナウイルスにおけるうがい薬を用いた殺ウイルス効果の研究レポート原文。

吉村洋文 プロフィール


吉村 洋文は、日本の政治家、弁護士、税理士。大阪府知事、日本維新の会副代表、大阪維新の会代表代行。大阪市長、衆議院議員、大阪市会議員、おおさか維新の会政務調査会長、大阪維新の会政務調査会長などを歴任した。元大手消費者金融武富士の訴訟代理人。大阪市在住。
生年月日:生年月日: 1975年6月17日 (年齢 45歳)
吉村洋文 - Wikipedia

twitterの反応

ネット上のコメント

ウェークアッププラスお疲れさまでした。司会者ばっかり喋って、もっと知事のご発言が聞きたかった。ポビドンヨードは関空の入国検査で悪用されないかが心配。後は研究者に任せてもう知事は触れないでいただきたい。

吉村知事、いつもありがとうございます。先日読みました。8つの市販薬内、3つに顕著な効果。そのひとつが知事が感染拡大防止のために公表に踏み切ったPolyvidone-iodineです。批判の嵐でしたが、知事はなんも間違っていません

8月4日にこれを府民全員でやってればなぁ。ドラマチックに反抗攻勢できていたかもしれないのに。吉村さん、恐れずに号令かけてください。リプ欄のみんなは立派ですよ。守ってくれます。コロナを舐めてかかってる奴らはどうせうがいもしない。でもそういうやつらにうがいさせなきゃ秋冬にパンクする

知事、テレビ観ました。批判する人達、いい加減止めて欲しい。前に進もうとする知事を邪魔してると思います。温かく目守って下さい。

これはですねえ。黄熱病の病原体が顕微鏡で見えた と報告し ありえんやろ とのちの世代を仰天させた野口英世先生に匹敵しますな。黄熱病の原因はウイルスなので顕微鏡で見えません。ウイルスは生物ではありませんので殺すこともできません。口を開くたびに知の不足が露呈して草

殺ウイルス効果、殺菌効果はみんなわかってると思います。逆にそれが優れすぎて粘膜まで痛めたりする事が懸念されてます。

うがい薬の話し、まだ引っ張るんですね

アンケート投票 & 結果確認

Twitterでシェアニュースジャパンを