自民・麻生氏の「弱い子がいじめられる」発言に、共産・志位氏「こんな低劣な放言を行う人物が『副総裁』をつとめる自民党を勝たせていいのか!」

志位和夫さんのツイート

「弱い子がいじめられる」と、子どもに対するいじめを肯定し、助長しかねない発言を行う。

「弱そうな国がやられる」と、攻撃される側に責任があるかのような言辞を弄し、軍事大国をめざす。

こんな低劣な放言を行う人物が「副総裁」をつとめる自民党を勝たせていいのか。国民の厳しい審判が必要です。

志位和夫


志位 和夫は、日本の政治家、共産主義者、衆議院議員。 1990年から2000年まで日本共産党書記局長を務め、2000年に日本共産党委員長に就任。以来21年間もの間、同党委員長に在任している。
生年月日: 1954年7月29日 (年齢 67歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

和夫も日本語の読解力鍛えるところから始めましょう 学問に遅すぎるということはありません

中学生の頃いじめに遭いました。高校でも女子校でしたが定期盗まれたりしました。会社では精神疾患者はゴミ扱い…弱き者が悪い、弱い国が悪いなんて納得できません。弱き者に手を差し伸べるのが上に立つ者の役目ではないのでしょうか。

くだらぬ言いがかりは、みっともないよ。攻撃されないように軍備を整えることは、世界の常識です。

こういう敵の失言に得票機会を見出さねばならない、今の党勢や、お立場を顧みては如何でしょうか?と、有権者としては思ったりもするんですがね。

まぁ、でも間違ってはいないやろ。

全く貴方が何を言っているのか、理解できません💧

しょーもない言いがかり乙



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを