中国海軍 ロシア海軍の艦艇 尖閣諸島沖の接続水域を航行 → 木原副長官「毅然かつ冷静に対処」

中国海軍 ロシア海軍の艦艇 尖閣諸島沖の接続水域を航行

記事によると…

・防衛省は、中国海軍の艦艇1隻が4日朝、沖縄県の尖閣諸島沖の、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったと発表しました。

また、ロシア海軍の艦艇1隻も4日朝、尖閣諸島沖の接続水域を航行したのが確認されたということで、防衛省は、それぞれの航行の目的を分析するとともに監視を続けています。

2022年7月4日 14時11分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220704/k10013701151000.html

関連動画

関連ツイート

木原誠二


木原 誠二は、日本の政治家、財務官僚。自由民主党所属の衆議院議員、内閣官房副長官。 衆議院内閣委員長、外務副大臣、外務大臣政務官などを歴任。
生年月日: 1970年6月8日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

中国とズブズブな副長官が言うとひと味ちがう気がする

木原氏に対して懸念があるので、複雑な思いです。

バリバリの反日親中が何をホザイとる!

未成年に酒飲ませて、おもちゃにするようなやつは、辞めてくれ。

毎日のように再発してます。毅然かつ冷静?ただ、なにもせずに見てるだけ。

空砲ばかりではね・・・

木原副官房長官の噂の行状のことが気になって、言葉が耳に入らない。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを