平和学研究者さん「ウクライナ戦争の教訓に学ぶ。沖縄と北海道を完全非武装化しよう」

日本は、「緩衝国家」として「人権大国」になれ

記事によると…

沖縄と北海道の完全非武装化

日本はアメリカとその仮想敵国との狭間にある「緩衝国家」であることを自覚するべきだ。北海道がロシア、沖縄が中国への「最前線」として面し、ウクライナ以上に戦争を誘発する条件がそろっている。

同じ自由と民主主義を信奉する米国の同盟国として、日本は、敢えて「14年以前のノルウェー」に学ぶべきだ。ロシアとの国境付近では、自国の軍の演習まで制限してきた「仮想敵国を刺激しない外交」に倣うべきだ。今、ノルウェー自身が、それを見失い、東西対立の緩衝国家として「ウクライナ化」する瀬戸際にいるからこそ、世界に向けて、米国の敵を刺激しない同盟国の規範を、敢えて日本が示すべきだ。

これはロシアに屈することではない。ロシアや中国が引き起こす人権問題について誰よりも先に声をあげる「人権大国」がノルウェーなのだ。

それには、「世界標準」に則り日米地位協定を改定し「全土基地方式」を撤廃すること。更に、仮想敵国に近隣する「最前線」には、自衛隊も米軍も常駐させない。つまり、「沖縄に加えて北海道の完全非武装化」を議論すべきだ。

日本の国防のために。そしてウクライナ戦争が世界大戦へエスカレートすることを防ぐために。

2022/6/28
http://kokuminrengo.net/2022/06/28/post-5747/

関連動画

伊勢崎賢治


伊勢崎 賢治(いせざき けんじ、1957年7月6日 - )は、平和学研究者。東京外国語大学総合国際学研究院(国際社会部門・国際研究系)教授、自衛隊を活かす:21世紀の憲法と防衛を考える会呼びかけ人。NGO・国際連合職員として世界各地の紛争地での紛争処理、武装解除などに当たった実務家としての経験を持ち、「紛争屋」を自称する[要出典]。現在は大学教授として教務する傍ら、評論家としてメディアにも出演している。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

こういう極左お花畑は、一度自分が侵略軍から酷い目に遭わないと判らないんでしょうかね?まぁ、気が付いた時には手遅れなんですけど。

全然学んでないよね、この団体

その毒ロジックはいまや通用しませんよ?

沖縄、北海道に核武装させてたら、尖閣も竹島も北方領土もこんなに侵略は進まなかった。核武装、大事。

こんな連中でも"有事の際''は自衛隊が守らなくてはいけない。 本当に自衛隊には頭が下がる。申し訳ない。😔

ウクライナを見て非武装化というア◯

私は、国防に力を入れたほうがよいと思います。身の安全ですよ😅



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを

 アンケート投票 & 結果確認