政府、東京電力の管内に「電力需給ひっ迫注意報」を発令

東京都 電力ひっ迫注意報発令で対策会議 節電呼びかけを確認

記事によると…

・政府は、東京電力の管内に初めてとなる「電力需給ひっ迫注意報」を発令し、できる範囲での節電を求めています。

電力の大消費地である東京都は27日午前、幹部が出席して対策会議を開き、注意報が発令された時の節電対策の計画について確認しました。

具体的には、事業者向けに稼働するエレベーターや複合印刷機の数を減らすことや、電気の使用を抑えるため仕事をするエリアを狭めたり限定したりすることなどを呼びかけています。

また、都民に確認してほしいことや、最低限、取り組んでほしいこととして、冷房の室温は28度にすることや、消費電力の大きいアイロンや電気ポットなどの使用を無理のない範囲で控えることなどを呼びかけています。

06月27日 11時17分
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20220627/1000081431.html

関連動画

東京電力ホールディングス


東京電力ホールディングス株式会社は、電力事業を行う企業グループである東京電力グループの事業持株会社である。自社で原子力発電事業や原子力損害に対する賠償・除染事業を行っている。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

暑いだろうにね〜

午後、3時以降やばそう?😥 まずはテレビを消すところからだな🤔ウム

矛盾より給電

無理なお願いだな。エアコンは付けるしPCもつける。

企業頑張れ 個人は無理

原発稼働しろや

完全に国民に頼り切ってる無能政権。皆で気にせず電気を使いましょう。停電になって色んな支障が出ても政府の責任。思い知らせてやりましょう



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを