児童手当、10月支給分から一部廃止 約61万人の子どもが対象外に

児童手当が一部廃止 場当たりやめて本質議論を

記事によると…

・児童手当制度が変わる。10月支給分から所得に上限が設けられ、約61万人の子どもが対象から外れる。児童手当は度々の場当たり的な見直しで、誰にどれだけ必要かという本質は見失われがちだった。少子化が一層深刻ななか、経済的支援はどうあるべきか。今こそ根本的な議論が必要だ。

児童手当は中学生以下の子どもについて、1人あたり原則1万~1万5千円を支給している。

2022年6月24日 5:00(会員限定)
https://www.nikkei.com/article/DGXZQODK173QE0X10C22A6000000/
『日本経済新聞』のご購読お申し込みはこちら

関連動画

児童手当


児童手当(じどうてあて)は、児童を育てる保護者に対して、主に行政から支給される手当のことである。いくつかの国で実施されており、タックスクレジットの形をとることもある。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

そもそもが外国人に支給する謎よ

最低だなー岸田政権👎😡

愚策ばかりですな…

岸田は早く辞めろ‼️

コイツは国民を苦しめる事にかけては超一流だな

早く総理大臣辞めてくれ。

キシダ、クビ😏☝️



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを