橋下徹氏「月刊ハナダがタイトルを変えてきやがった。最後まで俺の不正を追及して来い!」「売上に応じた慰謝料額という新しいルール形成を目指して訴訟提起する」

橋下徹さんのツイート


月刊ハナダがタイトルを変えてきやがった。当初は橋下と上海電力の闇、コネクション、重大疑惑と断言していたのに、今回は研究だと。しかも手続きの脱法性や副市長会議のおかしさというショボイ言い掛かりの手続き論に変更。ほんま口だけ威勢のイイ腰抜け連中やな。最後まで俺の不正を追及して来い!

それにしてもハナダは前回完売。今回もこうやって売上に貢献するのは腹が立つ。前回大々的に俺の不正を断言したタイトルと記事について広告取り消しなど言論で解決することを求めたがハナダは拒否。それなら売上に応じた慰謝料額という新しいルール形成を目指して訴訟提起するわ。

関連動画

橋下徹


橋下 徹は、日本の弁護士、政治評論家、タレント、元政治家。大阪維新の会法律顧問。東京都出身。豊中市在住。 大阪府知事、大阪市長、総務省顧問、大阪維新の会代表、日本維新の会代表、同共同代表、維新の党共同代表、おおさか維新の会代表、同法律政策顧問などを歴任した。
生年月日: 1969年6月29日 (年齢 52歳)
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

『最後まで俺の不正を追及』やはり不正はしてるのですね。

花田編集長が喜ぶぞw 「橋下さん、宣伝ありがとー」ってw

おっと、宣伝ありがとうございます!今回のHanadaも読まなくちゃ^ ^

こんなんじゃ物足りないですよね!徹底的に追求してもらいましょう!応援してます!

どうして月刊Hanadaと書かないのですか?花田、ハナダと書かれるのは何か理由がありますか?

傍聴に行ける日を楽しみにしていますー。

不正をしていないというのであれば、貴方が真正面から説明すれば済むことです。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを