「朝日奨学会」、手取り月10万~12万円程度のベトナム人奨学生から月1万円の奨学会費

「朝日奨学会」が質問を無視したワケ 差別待遇問題も完全スルー【水際対策緩和で蠢くベトナム人利権の闇】

記事によると…

・人手不足が深刻な都市部の朝日新聞販売所には、ベトナム人の新聞奨学生は欠かせない労働力だ。一方、ベトナム人奨学生たちを採用し、販売所へ斡旋している「朝日奨学会」にとっても、彼らは貴重な収入源である。

(38)交際相手の学費支援を学校が認めず退学へ 理由は出会い系サイトで知り合った日本人男性だから

奨学会は「奨学会費」と称して毎月1万円をベトナム人らの給与から天引きしている。コロナ禍前には、ベトナム人だけで年300人の奨学生を受け入れていた。他国出身の奨学生を含めれば、奨学会には月1000万円程度の会費収入があったはずだ。年間では軽く1億円を超える。

ベトナム人奨学生の給与は手取りで月10万~12万円程度。月1万円の奨学会費は決して少なくないが、払っているからといって販売所との間で問題が起きても、手助けしてくれるわけではない。

しかも奨学会は、ベトナム人たちと労使協定すら結ばず会費を天引きしていた疑いがある。そうであれば、労働基準法に違反する行為だ。

「来日前は、留学生が週28時間までしか働けないとは知らなかった」

そう証言するベトナム人奨学生も多い。これが本当なら奨学会は、日本の法律で決められている就労制限について、何ら説明をしていなかったことになる。

一方で、配属先の販売所の移動を求めないことをベトナム人たちに「誓約」させていた疑いがあるが、そうした労働条件を記した契約書の控えもベトナム人たちに渡していないのだ。

(略)

6/24(金) 9:06
https://news.yahoo.co.jp/articles/6468fc3da07aa27da90a2c3a435bc4226b8833ca

関連動画

朝日新聞


朝日新聞は、日本の日刊の全国紙。朝日新聞社が編集・発行する新聞で、同社のメイン新聞である。全国紙では読売新聞に次ぐ業界2位。産経新聞などともに大阪市を発祥とする新聞である。デジタル版として「朝日新聞デジタル」が存在する。
出典:Wikipedia

ネット上のコメント

差別ガー 留学生ガー と、声高に叫びながらこの仕末かい🤨

将来は、新聞セールス=拡張員? 有望な人材がねぇ。

阿漕な商売してますなぁ。

えっ毎月!?やばばばば 外国人入れたがる理由のひとつなのかね、この収入源。

朝日新聞による搾取システムが露見!!

悪どいわー。手配師の方が人情あるんじゃね

世間ではそれをピンはねと言うのでは。



\\SNSでシェア//

Twitterでシェアニュースを